家探しはいくつかの不動産に

家探しで失敗しない方法

家探しは複数の不動産に相談

急な転勤などで、家探しをする場合、不動産屋に相談することになりますが、いくら急いでいても、物件の内容を確認せずに、家賃のことばかり気にしていると、後になって後悔することにもなりかねませんので、より多くの情報を収集するためにも、複数の不動産屋に相談することが大切です。とはいえ、家探しをする過程で、一番、気になるのが家賃です。もちろん、安価であることに越したことはないのですが、その内容はしっかりと確認しておくことが必要です。まず、敷金、礼金の有無ですが、やや家賃が割高でも、敷金、礼金が必要としない物件の方が、トータルでは安価にまります。また、単身で引っ越す場合には、家具や家電製品が無償で備え付けられている物件を選ぶことで、レンタル料を節約することができます。また、複数の不動産屋に相談すると、同じ物件を扱っていることも少なくありません。そうすると、それぞれの不動産屋から、その物件について、異なった情報を得ることができます。つまり、思わぬメリットやデメリットを聞くことができますので、家探しで失敗する可能性は限りなく低くなります。したがって、家探しの基本は、家賃だけを見るのではなく、その中身を吟味するとともに、複数の不動産屋に相談して、異なった情報を数多く収集することが大切なのです。

↑PAGE TOP